Google

「宿題提出しなければ留年」で女子学生が自殺 通告の大学教授を免職

群馬県高崎市立高崎経済大は9日、
宿題をめぐる強圧的指導で、
経済学部2年生だった女子学生=当時(20)を
自殺に追いやったとして、
同学部の男性准教授(38)を9日付で
懲戒免職処分にしたと発表した。
同大によると、准教授は2006年度後期、
2年生のゼミナール「基礎演習」を担当。
昨年7月ごろ、受講した3人の学生に
日本経済新聞の社説の要約や経済学の
演習問題計5題を宿題として課した。

准教授は女子学生に対し
「提出が遅れれば、留年させる」とメールで
通告したことがあったという。
提出期限の今年1月15日になっても
女子学生は宿題のすべてを提出することができず、
同日午後7時45分ごろ、
群馬県みどり市の渡良瀬川に入水自殺した。
自殺直前、准教授にメールで
「留年することは分かっています。人生もやめます」
と伝えていた。

准教授や同級生らから事情を聴いていた
同大調査委員会は
自殺の一要因に准教授の留年通告がある」と断定。
「宿題を提出しなければ留年というのは
強圧的で教育としてまともなものとは言えない。
女子学生の両親に対する謝罪もなく、
教師としての適格性に問題がある」としている。
引用:産経「iza!」
「関連ニュース」
子供を自殺させるな!文科省が教員用マニュアル

[追記]
あまりにも突発的な女子学生の自殺と、
強圧的な大学側の発言・・・
そして、准教授は「間違ったことはしていない。
自分のほかにも、自殺の要因があるのではないか」
と謝罪なし!
一日も早く究明して、いただきたいと思います。
しかし、先生とのやり取りもメール???
そもそも大学に何を目的としていくのでしょうか?

最新ニュース!ピック アップ・ニュース ナビ!トップ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

如何に学ばぬかが大学の醍醐味
Excerpt:  かつて宿題が出来ずに自殺した小学生が居たが、大学生にもなってまだいるとは思わなかった。
Weblog: 黄昏ミニヨン想録堂
Tracked: 2007-04-10 09:44

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。