Google

都知事選、石原氏が当確

<都知事選>現職・石原氏の当選確実

8日に投開票された東京都知事選は、
現職の石原慎太郎(74)が、
前宮城県知事の浅野史郎氏(59)らを圧倒して
3選を確実にした。
石原氏はディーゼル車規制など国に先駆けた政策や
実行力をアピールしながら、
16年五輪の東京招致を訴え選挙戦を終始リード。
昨年末から都事業への四男登用などで批判を浴びたが、
謙虚な姿勢を示して再スタートを強調する
イメージ戦略や支援を受けた自民、
公明の組織力で逆風をかわした。
引用:yahoo!ニュース
・開票速報] 東京都知事 - NHK
東京都知事選で当選を果たし万歳三唱する石原慎太郎
NHK 統一地方選2007

最新ニュース!ピック アップ・ニュース ナビ!トップ

都知事選の投票率

都知事選の投票率、
前回上回る17・41%…正午現在


第16回統一地方選の前半戦である13都道県知事選と
4政令市長選、44道府県議選、
15政令市議選の投票が、8日午前7時から行われている。

注目の東京都知事選の投票率は、
正午現在17・41%で、
前回同時刻を2・30ポイント上回っている。
投票はいずれも午後8時までには締め切られ、
即日開票される。深夜には大勢が判明する見通しだ。
今回の統一地方選は、
昨年9月の安倍政権発足後、初めての全国規模の選挙で、
与野党は夏の参院選の前哨戦と位置付けている。

知事選は東京のほか、
北海道、岩手、神奈川、福井、三重、奈良
鳥取、島根、徳島、福岡、佐賀、大分の各都道県。
4月8日12時59分 引用:yahooニュース
統一地方選候補者名

最新ニュース!ピック アップ・ニュース ナビ!トップ

理想のマイホームが遠のきつつある現状

<新築マンション調査>
借入額増、物件郊外へ…条件悪化

リクルートが30日に発表した
首都圏新築マンションに関する調査で、
購入者の住宅ローンなどの負担が増えるとともに、
購入物件が都心から郊外に流れるなど条件が
悪化していることが分かった。
都心部の地価上昇が背景にあり、
理想のマイホームが遠のきつつある現状が浮き彫りになった。
調査は首都圏1都3県で06年の
1年間にマンションを契約した3536人が回答。
平均年齢は35.7歳で、
世帯年収は600万〜800万円未満が最多だった。

住宅ローンの平均借入総額は
前年比2.1%増の3029万円で2年連続で増加。
物件の値上がりに対し自己資金の伸びが低かったためで、
ローンの年間返済額も同11万円増の146万円だった。
両親などから支援を受けた割合も
同2.9ポイント減の23.4%に減った。
引用:yahoo!ニュース

最新ニュース!ピック アップ・ニュース ナビ!トップ

共済年金を2010年廃止へ

共済年金を2010年廃止へ、年金一元化法案まとまる

政府は28日、サラリーマンや公務員、
パートタイム労働者らの公的年金を厚生年金に
統合することを目指す「被用者年金一元化法案」を
とりまとめた。
2010年度に公務員らの共済年金を廃止し、
厚生年金に一元化することが柱だ。
3月28日20時17分[ヤフーニュース]

最新ニュース!ピック アップ・ニュース ナビ!トップ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。